2007年11月28日

家族の助け合いについて考えよう

2007112800120071128002

 道徳の時間、資料「お母さんのせいきゅう書」を題材にして家族の助け合いについて考えました。

2007112800320071128004

 お使いや掃除など、自分がしているお手伝いのお駄賃として、お母さんに500円の請求書を出した「たかし」と、 0円の請求書を出した「お母さん」。家族の無償の行為や愛情、家族の一員としての意識について考えました。



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 15:12| 福島 ☀| Comment(0) | 4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。