2007年12月18日

租税教室

 社会科「わたしたちの願いを実現する政治」の学習の一環として、租税教室が行われました。

2007121800120071218002

「もし税金がなかったら?」というテーマのアニメを鑑賞したあと、税のしくみについて話を聞き、租税に関する知識を深めました。

 子どもたちは、「税金がなくなると大変なことになるということが分かった」と、税金の大切さを改めて実感していました。

20071218003

 租税教室とは、租税の意義や役割を子どもたちに正しく理解させ、社会の一員としての自覚を育てることを目的として行われています。 小学校学習指導要領には、1968年から「納税の義務」などを教えることが記載されており、本校では、 国税局や税理士会等の協力によって隔年で実施しております。



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 16:39| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。